テント泊にチャレンジ!

 テント泊デビューの装備とノウハウをこっそり教えます

テント泊にチャレンジ!

 冬山登山装備を揃えましょう【アイゼン編】  

HOME
テントの選び方
テント泊の装備
テント生活
テント泊の食事
お勧めテント場
長期縦走
テント泊の小ネタ
 
冬山で最も欠かせない装備は・・・?と問われると、ピッケル、アイゼン、重登山靴、ジャケット・・・等々上がってきます。もちろんどれもはずせませんが、強いて言うならアイゼンですかね。もちろん、どれも欠かすことはできませんよ。時期によっても、山によっても違いますが、無くて致命的なのはアイゼンですね。ボクの経験の中では。



 ◇アイゼンの分類 

アイゼンは爪の本数や装着の仕方、材質により分類されます。登山形態、登山靴によって選ぶアイゼンが決まります。

◆爪の本数による分類

4本爪 軽くて小さくて携帯性に優れています。アイゼンは必要ないと思うけど、もしかしたら・・・という時に活躍します。ただ、土踏まずの部分に4本だけの爪なので、急斜面や堅い雪での使用は厳しいものがあります。
6本爪 4本爪と6本爪は軽アイゼンの扱いになります。6本爪アイゼンは4本に比べると、前後に爪が広くなっているので、4本爪に比べると活躍の場は広がります。でも、積雪期の岩稜帯などでは役に立ちません。つま先まで爪がないと、岩などは歩けないのです。
10〜12本爪 厳冬期に使える本格的なアイゼンです。前爪が2本出っ張っているので、岩の上でも歩くことができます。前爪の出っ張り具合により、一般用からクライミング用まで豊富な品ぞろえがあります。一般的に冬山を始めるとなると、このアイゼンを揃えることになります。

◆装着方法による分類

ワンタッチ式 登山靴の前の部分はワイヤーで、後の部分はバックルで装着するのが一般的なタイプ。登山靴の前後に装着用のコバがある必要があります。

着脱が早くて楽なのが最大のメリットですが、前後にコバのある靴でも相性が合わないとはずれやすかったりします。
セミワンタッチ 前にコバがなくて、後にコバのある靴に装着できます。前はバンド式になるので、適応する靴は広くなります。靴を替えた時でも、対応できることが多い。
バンド式 アイゼンの前後2ヶ所ずつをバンドによって靴に固定します。装着に時間がかかるのが難点です。どんな靴にでも装着可能ですが、ギューギューに締め付けるので、柔らかすぎる靴だと問題が生じます。冬山対応の重登山靴で使用しましょう。

◆材質による分類

クロモリ製 一般的なアイゼンは、このクロモリ製です。頑丈なので岩場などで使用しても折れにくく、摩耗も少ない。
ステンレス製
チタン製
軽くて錆びないがうたい文句ですが、高価なのが玉にきず・・・。
アルミ合金製 とにかく軽量なので、使わない確率が高い時、岩場のない雪山に適しています。強度が弱いので、岩場を歩くのは勧められません。山スキーで使うことが多いです。

◆登山形態による分類

縦走タイプ 前爪があまり飛び出していないものが、一般冬山登山用です。
クライミング用 前爪が飛び出しているタイプ。氷に蹴り込みます。機種によって色々な形状があり、工夫されています。
共用 どっちつかずの形状のタイプ。岩場の縦走もやるし、ちょっとしたクライミングもやる・・・という場合に重宝します。

お勧めアイテム
ボクが欲しいと思うだけですが・・




グリベルの共用タイプ

ワンタッチ式

グリベル エアーテック
オーマチック


セミワンタッチ式

グリベル エアーテック
ニューマチック


バンド式

グリベル エアーテック
ニュークラシック


ブラックダイヤモンド
一般雪山向けタイプ

ワンタッチ式

ブラックダイヤモンド
セラック プロ

セミワンタッチ式

ブラックダイヤモンド
セラック クリップ


バンド式

ブラックダイヤモンドセラック ストラップ



 ◇アイゼンの選び方  


アイゼンを選ぶには、先に書いた分類を辿れば、おのずと着地点は絞られます。あとは、デザインとかの世界ですかね。

冬山を志すのなら、10〜12本爪のアイゼンは最低条件です。そして、いきなりクライミングをする人は少ないと思うので、一般縦走用共用タイプを選ぶことになります。

装着方法は、現在冬山対応の登山靴を持っているなら、販売店に靴を持ち込み、実際にアイゼンを装着してみて、相性の良いアイゼンを選びます。靴を持っていないのなら、まず自分の足と相性の良い靴を選び、そのうえで靴と相性の良いアイゼンを選びましょう。

装着方法ですが、バンド式は考えなくてもいいと思います。ワンタッチかセミワンタッチのどちらかです。相性さえ良ければ、ボクはワンタッチ式の方が好きです。

材質はクロモリでいいでしょう。予算に余裕があればステンレスやチタンも考えてもいいかもしれませんが・・・。クロモリが無難で安心のような気がします。軽量だからと言ってアルミ製を買うのはダメ。アルミは柔らかいので、岩場を歩くと曲がったり摩耗したりします。クロモリを持っている上でのアルミ製はアリだと思いますが・・・。





カンプ
XLC390クランポン


ワンタッチ式

シモン
カイマンジクラルスピ-ド

セミワンタッチ式

シモン カイマンジクラル
ミックスナイロン

バンド式

シモン カイマンジクラル
ストラップ ソフト




縦走からクライミングまで

ペツル
バサック レバーロック


クライミング用


ブラックダイヤモンド
サイボーグ



エバニュー
6本爪アイゼン 


マウンテンダックス
4本爪アイゼン




アイゼンケース

モンベル クランポンケースS

 

 ◇アイゼンに関するエピソード 


アイゼン初心者の時はスパッツが切り裂けだらけになりましたね〜。ズタズタに。そう、アイゼンの爪でスパッツを引っ掛けるのです。対処方法としては、少し開き気味に歩くことになりますが、慣れるまでは何度も引っ掛けてしまいました。

歩き方に慣れると同時に、アイゼンの爪の先も丸くなり、スパッツに引っ掛からなくなっていきます。

ここで問題なのは、スパッツがもったいないということではありません。引っ掛けた時に、前につんのめって転倒することがあるのです。ただ転倒するだけならいいですが、同時に滑落に結びつくような場所での転倒は命取りです。実際に稜線でスパッツを引っ掛けて転倒し、谷底に滑落してお亡くなりになった方はたくさんいます。

引っ掛けるのはスパッツだけではありません。木の根っこや、ちょっとした出っ張りなど気を付けましょう。靴の下に2センチ近く爪があるということを、感覚的に覚えないといけませんね。

 ◇アイゼンの付属品 

アイゼンケースとプレートが主なところでしょうか。

アイゼンは尖ってますので、そのままザックに入れると、中にあるものを壊します。アイゼンケースは厚手の生地でできていますので、爪から他の物を保護することができます。

プレートは雪団子を防ぐための物です。アイゼンはいったん雪が付着すると、どんどん雪が増殖して団子になります。団子状態になると歩きにくいだけでなく、爪が雪面に刺さらなくなり、滑落の危険も生じます。最初からセットになっている場合もありますし、オプションで購入する場合もあります。

☆テント泊登山装備リスト

☆冬山登山のテント泊装備について 冬山テント泊デビューを考えている人へ

☆アイゼンについて ☆ピッケルについて

☆テント(個人用)比較一覧表

☆登山用GPSの比較・選び方

☆バックカントリー用ジャケット一覧

Copyright (C)2010 テント泊にチャレンジ! All rights reserved