テント泊にチャレンジ!

 テント泊デビューの装備とノウハウをこっそり教えます

テント泊にチャレンジ!

 冬山登山装備を揃えましょう【ピッケル編】  

HOME
テントの選び方
テント泊の装備
テント生活
テント泊の食事
お勧めテント場
長期縦走
テント泊の小ネタ
 
冬山登山といえば、アイゼン&ピッケルという印象が強いですよね。
持っているだけで「山男(山女)」になった気分になります。
このページではボクが考えるピッケルについてお話していきます。

お店に行くと、アイゼンほどではないにしろ、ピッケルもたくさん引っ掛かってます。
さてさて、どれを選択すればいいのでしょう・・・? 。
その前にピッケルのウンチクから・・・



 ◇ピッケル各部の名称 

お馴染みの形状をしているピッケルですが、それぞれの使い方があってこの形に落ち着いています。とくに各部の名称を覚える必要はないと思いますが、どういう風に使うかってことは知っておくべきです。




お勧めアイテム
ボクが欲しいと思うだけですが・・





ブラックダイヤモンド
レイブン



 グリベル・ピッケル エアーテックエヴォリューション






カンプ コルサ



ペツル ピッケル 
スノーレーサー




ブラックダイヤモンド バイパーアッズ



グリベル
マトリックスライト




シモン ピッケル石突き



グリベル
ニューロングリーシュ

 

 ◇ピッケルの役割 


ピッケルの役割として重要なのは、滑落を止めたり、支点にしたり、ホールドにしたりと、雪の滑るという特性から身を守るというものです。ただ、実際は杖として使用される場面が大半です。

滑落も何も心配のないところでは、ピッケルはザックに付けて、ダブルストックが基本です。雪稜とか危うい場面ではピッケルを出します。中途半端なところでは、左手にストック、右手にピッケル・・・なんて技もあります。


◆杖として使用

冬山はピッケルを持って歩きますが、ピッケルが活躍する場面というのは限られています。とくにアイゼンが発明されてからは、活躍の場が減りました。普通に歩けるところでは、ピッケルは杖の代わりをします。ストックでもいいじゃねぇ〜か・・・?という意見もありますが、ストックでは滑落を止めることはできません。なので、ピッケルを杖代わりに持つことになります。

◆滑落停止

足を滑らせて滑落した際に、ピックを思い切り雪面に刺し、滑落を停止させるというもの。通常の冬山縦走のレベルでは、この滑落停止が最も重要なピッケルの役割となっています。

ピッケルは持っていればいいというものではありません。この滑落停止は繰り返し練習して、身体に覚えさせる必要があります。滑った瞬間に止めないと、勢いがついてからでは止めることはできません。

滑落停止の方法は、他を当たって下さい。・・・というか、見ただけ、聞いただけではできません。感覚的なものが大きいので、現地で教えてもらうなりしましょう。

◆ステップを切る

雪の斜面を登る時は、つま先を雪面に蹴り込んで足場を作る、キックステップという技術を使用します。ただ、雪が堅くなると蹴り込んでもステップはできません。そこでピッケルの出番です。ブレードで足場を切りながら登っていくことになります。

ただ、これもアイゼンが発明された今、ピッケルで足場を切るなんてことは全くなくなりました。

◆支点に使う

ピッケルのシャフトを雪面に刺し、アンカーとして使います。ロープを使用する場合にも使いますが、急斜面の登下降やトラバースの際も、ピッケルを刺してホールド代わりにします。

◆ピックを使って登る

アイスクライミング雪稜登攀などでは、ピックを振りかざして雪面に刺し、それを手掛かりに登っていきます。普通の縦走レベルでも、ちょっとした岩場などでは、岩をホールドにするよりも、雪に刺したピッケルの方が安定している場合があります。

◆その他

アイゼンに雪が付着して団子になると、歩きにくいばかりか、爪が雪に刺さらずに滑落する危険も出てきます。その雪団子を叩き落とすのにピッケルは重宝します。コンコンッと。

あとはテントのペグ代わりに使ったり、埋めた竹ペグを掘り起こすのに使ったり。


役割としては色々ありますが、最初にも書いたとおり、本来のピッケルの役目を果たしてくれる場面は、ほとんどありません。杖としての使用が大半を占めるのです。でも省略できないのがピッケル。


 ◇ピッケルの分類  


冬山にも色々あります。登山形態によって選ぶピッケルは変わってきます。そのたりを簡単に・・・。

◆一般用(縦走用)

一般的な冬山です。ごく一般的なピッケルを持てばいいでしょう。長さ、形状、メーカーなどの選択肢があります。

◆冬季登攀、アイスクライミング

ピッケルを登るための道具として使う登山です。ピッケルを振りかざしてピックを雪面や氷に刺し、それを手掛かりに登ります。この種のピッケルは俗に言うアックスです。ピックを刺した時に、持つ手と雪面に空間ができるように、バナナ型になっています。

◆山スキー、春山、保険としてのピッケル

岩場などを通過しない一般的な山スキーでは、ほとんどピッケルを使うことはありません。稜線直下の急斜面などで、滑落の危険を感じる時のみ使用するという具合です。ほとんどザックに装着されている状態なので、短くて軽いピッケルを持つと便利です。最近ではアルミ製のピッケルが多く出ています。あくまでも簡易ピッケルという扱いで、岩場などでの本格的な使用には耐えられませんので注意が必要です。多分要らないと思うけど、もしものために・・・という場合にも、アルミ製の簡易ピッケルは重宝します。

 

 ◇ピッケルはどれを買う? 


これから冬山を志すのであれば、まずはスタンダードなピッケルを1本買いましょう!経験を積み、冬場の自分の方向性が見えてきた時点で、その方向性に合うピッケルを買うというプロセスです。

山スキーをやるのであれば、短くて軽量な簡易ピッケルを2本目として持てばいいと思います。登攀系に進むのなら、やはりバイルは必要になってきます。

 ◇ピッケルの付属品 

◆キャップ、カバー類

ピッケルの末端は鋭利になっているので、使用する時以外はカバーを付けておきましょう。これはよくなくすので、別売りで用意されています。

◆ピッケルバンド

縦走用のピッケルの場合はたすき掛けにするバンドを使用します。バイルや簡易ピッケルは、腕に通すバンドを使うことが多いです。

☆テント泊登山装備リスト

☆冬山登山のテント泊装備について 冬山テント泊デビューを考えている人へ

☆アイゼンについて ☆ピッケルについて

☆テント(個人用)比較一覧表

☆登山用GPSの比較・選び方

☆バックカントリー用ジャケット一覧

Copyright (C)2010 テント泊にチャレンジ! All rights reserved